"

        「ジャコウアゲハの交尾に出会う」
   新型コロナウィルス感染拡大防止の外出自粛要請が解除されましたので、6月初め、3か月ぶりに高尾に行き、小仏から一丁平、三号路を歩いてみました。そして、紅葉台の南まき道でジャコウアゲハの交尾に出会いました。 

 コロナ騒ぎが落ち着きかけてきたら、早くも梅雨の季節となってきました。久しぶりに、小仏峠、小仏城山、一丁平を歩き、オオバウマノスズクサの多い紅葉台の南まき道を進むと、地面で二頭のアゲハを見つけました。最初は、力尽きて倒れているのかと思いましたが、よく見ると交尾していました。デジカメで撮影してから、後日、チョウに詳しい方にチェックしてもらったところ、「ジャコウアゲハが地面で交尾しているとは珍しいですね」とのことでした。
  生命の営みを邪魔しないようにそっと現場を離れると、富士見台園地そばでツレサギソウにも出会えました。それから、三号路では、ムヨウランとギンリョウソウはまだでしたが、可愛いイナモリソウとホシザキイナモリソウ、サイハイランが咲いていました。
  その他、ハナウド、スイカズラ、イボタノキ、マタタビ、ウリノキ、マルバウツギ、ウツギ、フタリシズカ、コゴメウツギ、ノアザミ、ガマズミ、ヤマボウシ、オカタツナミ、ガクウツギ、エゴノキ、シラキ、ウメガサソウなどが咲き、実物ではヤマグワ、ヤマザクラ、ウワミズザクラ、ハナイカダを見ることができました。また、夏鳥を中心に、オオルリ、ウグイス、キビタキ、アオバト、ホトトギス、ヒガラ、ツツドリ、イカル、シジュウカラ、メジロ、ヤマガラなども鳴き、ひらひらとキアシドクガが飛んでいました。
                    
★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 


 





ノアザミとイチモンジセセリ、小仏城山 ウリノキ、梅雨時に咲く可愛い子ちゃん


 

ジャコウアゲハ、
周りはオオバウマノスズクサだらけ、
左がメスで右がオス
近づきすぎて飛び立とうとする
ジャコウアゲハのメス


 





ツレサギソウ、レア物
イナモリソウ、可愛いねー

  






ホシザキイナモリソウ、星の形に見えるかな サイハイラン
武将が手にした采配に似ているかな




戻る