"

暖冬・東京都薬用植物園
   

  重苦しい気分の気晴らしに、春の陽気の3月12日小平市の東京都薬用植物園に行ってみた。 暖冬の影響はサクラの開花だけではなくあらゆる植物に及んで早咲きだ。 植物園の奥にある雑木林では、カタクリやシュンラン、ヒトリシズカなどがもう咲き始めていた。
                                 
★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 


 
  木々の芽吹きはこれからで、雑木林の中はまだ明るい   春植物の代表選手カタクリが、あちこちで咲いていた


 

   シュンランの株はたくさんあるが、いずれも満開状態    ヒトリシズカ 系統的にはかなり古い植物。花弁も萼もない


 
  ミミガタテンナンショウ 葉はまだだが、仏炎苞の耳はしっかり張り出している   昨年発生したナラ枯れの被害木の処理が行われており、切り株を燻蒸したようだ

  

  薬用のサンシュユの大木、花が華やかだ   トサミズキ 花は満開状態、ずいぶん早い


 
  アンズ 暖かい感じのする花。生薬名は杏仁(キョウニン)   咲き始めたシモクレンの花は、いずれも鳥にかじられていた



戻る