"

自然発見 高尾山国有林巡視日誌(141)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌

★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 

 





  ●平成30年10月7日(日曜日) 天候:晴
 ツルギキョウが咲いていた。高尾山域では数少ない植物だが、それでも今年は増えている感じがあり嬉しい。
  ●平成30年10月7日(日曜日) 天候:晴
 10月1日に関東を通過した台風24号。高尾山域では倒木が相次いだ。1号路の表参道では倒木が道の上に掛っていた。当然「通行禁止」。迂回路を設定したのだが、観光客は無視して通行。本当に危ないのだが・・・。



  ●平成30年10月7日(日曜日) 天候:晴
 男坂上ではモミが街路灯、灯篭を巻き込みながら倒れていた。復興に時間が掛るだろうな。
  ●平成30年10月7日(日曜日) 天候:晴
 大垂水歩道(学習の歩道)。「富士見台」で、いつもの場所で数本の木が倒れていた。ここは大きな台風が通過すると同じ状況になる。今回も枝払いをして道を通過させた。


 
  ●平成30年10月28日(日曜日) 天候:晴時々曇
 台風24号の影響は小下沢林道にも及んでいた。倒木は数本だったが、落石が多く見られた。それらを処理する。けっこう疲れた。
  ●平成30年10月28日(日曜日) 天候:晴時々曇
 堂所山直下でリンドウが咲いていた。今月は風倒木のチェックに気を取られ、ゆっくり植物を観察出来る時間が無かった。最後に良い感じで咲いているリンドウに出会って良かった。



戻る