"

「地球影とビーナスベルト」
2018 . 9 . 28 南アルプス仙丈ケ岳

  日没後または日の出前の薄明時、太陽と反対側の地平線の上が藍色になります。 これは地球の影が映
ったもので「地球影」と呼ばれます。 地球影の上には朝焼け(夕焼け)の光が反対側の空まで貫通したピンクの帯「ビーナスベルト」ができます。 大気が澄む冬季に見えやすいもので息をのむ美しい光景です。

 ★ せっかくの地学話題なので氷河地形も追加しますので、ご覧下さい。

★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 

 





下部の藍色が地球影、ピンクの帯がビーナスベルト 日の出、地蔵が岳のオベリスクが見える


 氷河によって削られたカールと氷河堆積地形
モレーン(左下の土手状の盛り上がり)



戻る