"

自然発見 高尾山国有林巡視日誌(138)
林野庁・東京神奈川森林管理署の森林保護員として、
高尾山国有林とその周辺の森林パトロールを行っている宮入さんの巡視日誌

★ 写真をクリックすると大きい写真が見られます。 

 
  ●平成30年7月14日(土曜日) 天候:晴時々曇
 ここ数年空振りしていたギンバイソウにやっと出会えた。ただ今年は気温上昇と雨不足で花が安定しない。どの花もあまり美しく咲いていなかった。
  ●平成30年7月14日(土曜日) 天候:晴時々曇
 この時期は花が少ない。歩いていて目立つのはダイコンソウ。地味な花だが、まぁ何も咲いていないよりはいいか。


 

  ●平成30年7月29日(日曜日) 天候:曇時々雨のち晴
  都道日影林道を行き小仏城山に向う。台風12号の影響で断続的に強い雨が降る。日影沢は増水し濁っていた。
  ●平成30年7月29日(日曜日) 天候:曇時々雨のち晴
 小仏城山の山頂付近で咲き出したツリガネニンジンにベッコウハゴロモが来ていた。


 
  ●平成30年7月29日(日曜日) 天候:曇時々雨のち晴
 15:06 高尾山頂、到着。観光客、ハイカーの数は珍しい程少なかった。台風の影響だろうか。皆さん、台風に対し常識的な判断をしたという事だろう。それはそれで良かったと思う。
  ●平成30年7月29日(日曜日) 天候:曇時々雨のち晴
 「いろはの森」を下る。途中マツグミの花が多数落花していた。マツグミはマツやモミに寄生する植物。咲いている所を見たいのだが、木の高い所で咲くので、未だに見る事が出来ないでいる。



戻る