ナガミヒナゲシ
 〜急速に広がる生命力の秘密〜

         ヒナゲシに似たオレンジ色の可憐な花がこの春とても目立ちました。
       地中海沿岸原産の帰化植物、ナガミヒナゲシです。1961年世田谷で発見、最初はゆっくりでしたが、
       その後急速に分布が広がり東北以南のほぼ全国に広がっているそうです。ナガミヒナゲシの種子は
       直径が1mmにも満たない丸いまさに「ケシ粒」で、長い一つの実に平均で1,600粒も内臓されています。
       根や葉に他の生物の生育を阻害する強いアレロパシー作用を持つそうです。種子は雨で濡れた車の
       タイヤに付いて運ばれ道路沿いに分布を広げたと見られます。名前の由来でもある「長い実」から大量の
       種子がどうやって外に散布されるのかそんな疑問を持ったので調べて見ました。(田島弘志)



 子房は円筒形、柱頭が放射状に伸びて
傘の骨のように見えるのはケシ属の特徴

道路沿いに分布を広げている。
大きな株は100個もの実をつける

 未熟な種子も発芽力があり、除草作業が
かえって種子散布を助けている 

 実が熟してくると上部に「窓」が空く。
種子が出てくる仕掛けは?

実の窓に息を強く吹きかけたら、
反対側から種子が勢い良く吹き出してきた

実の中にはガイドがあり吹き込んだ風を
下に送り、一方で種子を外に導く

実の中は仕切られておらず、
吹き抜け状になっている。

根や葉に強いアレロパシー作用。
農地への侵入もみられ雑草化リスクが高い

                                                                           < 参考>
                                                                            農環研ニュースNo90 (独立行政法人 農業環境技術研究所発行)
                                                                            「春に気をつける外来植物:ながみひなげし」藤井義晴


戻る