小網代の森とチゴガニダンス
2017年6月24日(土) 三浦半島・小網代の森


 

 午前10時に京浜急行三崎口駅に高橋喜蔵講師を含め14名全員が集合。

 「小網代の森」まではバスでも行けるが、今回は植物観察しながら歩いて向かう。

 沿道の目につく植物ほとんど全てを高橋さんが解説しながら歩いた。

 先ずは、ルビーロウカイガラムシ、植物の幹や葉に水平に付いているチャミノガ、カンナの花弁はおしべが変化したものであることなど次々に解説していただき、そしてピンク色の可愛い花アカバナユウゲショウの果実に水を吹きかけ、種が飛び散るところも観察した。コンクリートブロックの表面が茶色くカビのような状態になっていたが、それがツブダイダイゴケであることも解説していただいた。日頃からコンクリートの表面にある茶色いカビのようなものが、地衣類という生物であると私は初めて知った。全く気にもかけていなかったものが生物であったとは驚きだった。梅雨とは思えない日差しの強い暑い中、このように沿道にある植物観察をしながら約1Kmの道のりを小網代の森まで歩いた。小網代の森入り口に着いたのは午前11時15分になっていた。

 小網代の森にはさまざまな植物や植物を目にすることができ、小網代湾に流れ込む「浦の川」の集水域として、森林、湿地、干潟及び海までが連続して残された、関東地方で唯一の自然環境と言われている。面積約は70haで東京ドーム(4.7ha)約15個分の広さを有している。

 小網代の森には入り口が三カ所あるが、今回は引橋の入り口から入った。そこには木道デッキが整備されており、大変歩きやすくなっており、また木道以外に入り込まないよう、自然環境も大切に守られていた。小網代の森にはさまざまな植物や植物を目にすることができ、リョウメンシダ、ハンゲショウ、ハエドクソウ、ミョウガ、ウラシマソウ、ヒメジョオン、ヨシ、ジャヤナギ、ヒメガマ、ガマ、タコノアシと森林地帯から干潟へと様々な植物の解説を聞きながら散策した。また、昆虫も多く、アメンボウ、オオシオカラトンボ、アゲハチョウ、そしてアサヒナカワトンボが優雅に飛んでいた。途中ジャヤナギの幹に太さ2mm、長さ3p程度の枝のような紐(ひも)のようなものがいくつかついており、それがヒモミノガという昆虫であると聞いたときはビックリした。木製デッキを歩きながら観察していると、尾瀬を歩いている気になってきたが、お目当ての海岸まではなかなか到着せず、ほぼ到着したのは12時半のお昼時になっていた。

 昼食後、お目当ての海岸に着いたのは12時55分頃、海は潮が引き終わったところで、少しづつ潮が満ちてくる状態であったため、干潟の陸地が広々と見えていた。そこに足を踏み入れるとそこには白いはさみを振り上げるコバルトブルーが妙に目につく2p程度の小さなカニ、チゴガニを沢山目にすることが出来た。チゴガニは皆で両手(ハサミ)を振り上げ振り上げ万歳しているようだった。昼間の観察ではカニは見ることが出来ないかと思っていたが、干潟を近くでよく見ると小さなカニが沢山万歳している様子を見ることが出来た。

 小網代の森は、森林から干潟まで、そしてそこに生息する昆虫やカニまでたくさんの生き物を観察することが出来る、素晴らしい場所であると感じた。そこには、今日も何人ものNPOの方が自然解説や案内をしておったが、残された自然に感動しそこを守り、育てていきたいという人々の思いと行動があって初めて小網代の森という貴重な自然環境が維持されているのだと感じた。

 私は都合により先に引き上げたが、解散は15時少し前とのことだった。

 皆さん無事に研修を修了することが出来たと思っている。

講師  :橋喜蔵
参加者 :14名

 (報告:菊池 正芳)



小網代の森



ハンゲショウ



チゴガニ

戻る