〜研修報告〜
草木染め塾 (1)
200966日(土):土曜コース 黒川青少年野外活動センター

200968日(月):平日コース 黒川青少年野外活動センター

 

66日、68日第3期「草木染め講座」の第一回目が開講致しました。

 

今回で3回目になる草木染め塾ですが、今までに染めた布や毛糸、麻紐などを使用してクラフト等作成してきました。今回の講座もさらに発展したものにしていきたいと考えています。

 

午前中は座学で、染色の歴史から、植物染料の区分、動物・植物繊維の違い、媒染剤の働きなどなど詳しく教えていただきました。万葉集等古代歌には 「色」に関するものが多いこと、さらに色による階級の区分があったことなど、「いろ」から 世界が一気に広がりました。奥が深いですね!

 

  午後からは実践講座で、実際にシルクのストール、麻のランチョンマット大の布を染めました。

染料は キブシ・シラカバ・ワラビ、 媒染剤は明礬と鉄。この組み合わせでさまざまな色に染めあがりました。

  シラカバと明礬で シルクは薄い黄色。麻は、半乾きの時はきつい黄でしたが、完全に乾くと爽やかなレモン色になりました。

キブシと明礬で品のいいベージュに、キブシと鉄で黒味がかったグレーにと、同じ染料でも媒染剤が違うと、仕上がりがまったく異なっていました。驚きですね!!

 

二回目以降が楽しみです。できるだけ多くのことを吸収してさまざまな場面に生かしたく思います。

 

土曜コース塾生 奥川、ハ木、浜畑

平日コース塾生 阿部、上野、小泉、白田、羽山、古木、山本、中野

塾長 四反田 講師 藤田

                           (報告:藤田富二)


講義風景

 

材料を刻み準備する

 

シラカバの染め液に浸す

 

ワラビの染め液に浸す。

 

布を染め液に浸ける

染め上がった作品




戻る