〜研修報告〜
 草木染め塾 (6)「ハーブを染める」
2009年3月7日(土)、3月16日(月): 黒川青少年野外活動センター

  3月7日(土)、3月16日(月)に草木染塾が川崎市黒川青少年野外活動センターで行われました。
 染めた材料は
@ ハイビスカスの花びらを乾燥したもの
A マリーゴールドの花を乾燥したもの
B たまねぎの皮
C 月桂樹の枝と葉
D ヒノキの皮
E ヤシャブシの実
でした。
 参加者が持ってきてくれた、カモミールも煮出すと部屋の中は、薬草ハウスのようで、なんともいえない香りに包まれました。
 今回は染め方にも一工夫あり、和紙や麻生地のつき染め(折染め)の新しいやり方を学びました。毎回、工夫を凝らした教授法に感心しながら、大いに刺激を受けました。
毎回、染色用に用意してくださるシルクが素敵で今回は大判のストールを染めました。全員がそれぞれの染料に入れ、ひとつひとつ美しい色に染め上がりました。





ハイビスカスの染め液


ハイビスカス染め


染める前の準備


浸染め1


浸染め2

染めた和紙でうちわ作り



戻る