〜研修報告〜
 多摩森林科学園見学会
2008年12月12日(金)

  12月12日(金)にFITメンバー23名が閉園中の多摩森林科学園を見学した。
  科学園森林管理のコンセプトと実績を懇切丁寧に解説して頂いた後に、8月のゲリラ豪雨で表層崩壊をした現場を案内して頂き、その被害状況とその後の修復状況を具に見ることができた。 貴重なサクラの大木が何本もあっという間に流されてしまったようだ。 自由散策では園内の珍しい樹木や木の実を観察し、例のFITペースで歩いているものだから中々前に進まない。 楽しい半日余の観察を十分堪能し終え、恒例のふりかえり飲み食い会も大いに盛り上がった。
  尚、科学園の再開予定は来春3月25日です。 (報告: 津田)




樹木園案内図の前で


ムササビの巣箱の下で


サクラ保存林の表層崩落現場

小動物が移動できるように設けたコリドー



戻る