〜研修報告〜
シダ観察入門
 2008年6月8日(日)

  シダ観察研修入門編を埼玉県日高市の日和田山で行いました。
  6月8日(日)心配された雨も降らず、講師・生徒13名全員が晴れ男、晴れ女であることが証明されました。
  観察できたシダはおよそ40種、アタマの中はパンク寸前。




お正月に欠かせぬウラジロを解説中


ウラジロの群落です


ベニシダの胞子嚢、乾燥すると胞子が飛び出す


顕微鏡で観察


講師の話を熱心にメモ


観察途中で見かけたサツキの古木


ヒガンバナで有名な巾着田が眼下に見えます



戻る