若葉青葉が輝き、青い空、拭き抜ける風

道の補修用に間伐 ロープを掛ける

この時期面白いように皮がむける 皮をむくと材が長持ち

雨が降ると沢になる 水を通すため橋にした

最後の釘打ちをして時間ギリギリに完成

ガクウツギ 遅れていた白い花たちが咲いていた

大自然塾・鳩の巣の山



戻る

 若葉青葉がキラキラ光り、拭き抜ける風も心地よく素晴らしい一日でした。総勢五十数名、6班に分かれましたが、今月は初参加者が多く2班が「フィールド案内と道具の使い方」、残る4班が実質的な作業を行いました。例年ですと作業は「早くも夏バージョン」の下刈りということですが、今年は大震災前後の低温が影響して草の生長が遅く下刈り班は1班だけとなりました。残る班は道の補修と今回初めて土砂崩壊地補修の準備作業として「石の運搬」という重労働に1班が取り組みました。鳩ノ巣も遅れていた白い花がだいぶ咲いていました。ミツバウツギ、ガクウツギ、コゴメウツギ、マルバウツギなどが目に入りました。
1105.15(日) 若葉青葉輝く、道補修など