森呼吸クラブ主催
秋の花々を楽しむ目黒自然教育園
2019年9月21日(土)

 天気予報は小雨でしたが、何とか天気は持ち涼しい曇天の中、自然観察会を実施しました。FIT(森林インストラクター東京会)のHP・朝日新聞マリオン・読売新聞シティライフにて募集して、当初の予定日9月16日には110名ほどの申込がありましたが、雨による順延した21日は39名の参加者となりました。
 6班に分れてスタートです。スタート地点からのチームと途中からスタートのチームと分かれて、ミズヒキ、キンミズヒキ、ヌスビトハギ、マツカゼソウ、シロヤマギク、ユウガギク、ヤブミョウガ、タイアザミ、ツリフネソウ、ツユクサ、コバノカモメヅル、ナンバンギセル、シロバナサクラタデ、イヌヌマトラノオ、ノダケ、マヤラン…多くの秋の花々を満喫することができました。また、実も、ビナンカズラ、アカガシ、コナラ、マユミのサイコロステーキ、ゴンズイ、ヤブラン、オレンジ色のイイギリ…と今回も参加者の満足度も高い観察会となりました。

 スタッフ: 上野眞智子、小日向礼子、高橋喜蔵、永井和久、平野裕也、深串泰光(報告)




開会式


ヤブミョウガのエンブリオテガ解説中


ビナンカズラ観察中


オレンジ色のイイギリとコナラのどんぐり


ヌマイヌトラノオ

マヤラン



戻る