季節の会主催
サクラ@多摩森林科学園
2019年4月18日(木)

開催場所 : 森林総合研究所 多摩森林科学園

 幸いにも今春は、例年の開花時期より遅れて開花し、多くの種類のサトザクラ類の丁度見頃にあたりました。
 森の科学園から4班に分かれてスタートし、新緑の木々の芽吹きを感じながらサクラ保存林へ、京都ゆかりのサクラ、荒川堤、遺伝研のサクラ、咲き始めから満開の多様な栽培品種の様子をゆっくりと観察して歩きました。
 昼は山の上のあずまやで、タピオカ杏仁豆腐とサクラ湯でおもてなし、サクラの香りを味覚でも感じてもらいました。
 午後は里桜園から柳沢林道へ、マメザクラ、チョウジザクラ、など日本の野生種も観察し、次第に園内の春の草花に目も話も向いていき森の科学園に戻りました。
 思いのほか園内の人出も多くなく、晴天に恵まれて、安全第一で無事に、八重咲のサクラの花びらの舞始める静かで美しいひと時を楽しんでいただけたようでした。

 参加者: 24名
 スタッフ : 吉田/伊藤/市川/藤本/大場(報告)
 報告者: 19年 大場里美




.サクラ見頃の多摩森林科学園

サクラ湯でおもてなし


サクラ観察日和

観察風景




戻る