森の自然倶楽部主催
ツツジと新緑の天覧山から多峯主山
2018年5月6日(日)

 飯能駅改札前で受け付け後、近くの広場に移動して開会式。この春は異常な暑さで、花の見ごろが例年より早くなり、ツツジなどすでに咲き終わったものもあることをお話しした後、班ごとに準備体操やアイスブレーキングなどして出発。
 ちょっとした渓谷に入ると、コクサギが。葉の臭いを嗅いでもらったり葉序の特徴を説明したりしました。隣には花盛りのマルバウツギ。でも、下見の時に咲いていたホソバオオアマナの花は姿を消していました。
 能仁寺に入ると、巨大な筍がにょきにょき。オオモミジやイロハモミジの葉や実を見てもらい、その違いなどを説明。天覧山への登山道に入ると、案の定、ミツバツツジもヤマツツジも花は終わっていました。徳川五代将軍・綱吉が、能仁寺和尚の祈祷により病気平癒したお礼に寄進したという「十六羅漢」を見ながら山頂に登りました。遠望を楽しみ、下り始めたところにカマツカの花がまだ残っていました。さらに下ると、かろうじてツリバナやツクバネウツギの花が残り、コアジサイが咲き始めていたほか、オカタツナミソウの清楚な花を参加された方が見つけてくれました。湿地横の道に出るとガクウツギの花。多峯主山への山道ではツタウルシや両手を横に広げたようなウラジロの新芽などを見つけ解説しました。山頂に登ると、丹沢山系や多摩方面の山々など素晴らしい展望です。
 そこで昼食をすませ、吾妻峡を目指して下っていくとギンランやキンランがあり、参加された方々は大喜び。坂を下り終わるとケキツネノボタン、ウマノアシガタ、ムラサキサギゴケ、キツネアザミなどなど。ギンリョウソウが斜面に生えていて、その白い姿に一同感激しました。
 吾妻峡に入るとカジカガエルが凛とした声で迎えてくれました。イチリンソウは?と探しましたがなかなか見当たらず、あきらめた時に「あった!」の声が。みんな集まると、まるで、私たちが来るのを待っていてくれたかのように、きれいな状態の花が1輪だけ咲いていて、感動の声が上がりました。
 見られると思っていた花が消えていたり、予想もしていなかった花が咲いていたり、あきらめていた花に出会えたりと、この時期ならではの観察ハイキングとなりました。

 参加者: 34名
 スタッフ: 水木 稔(主幹事)、岡本俊彦、中澤 均、杉山顕一(安全)、水野重満(報告)





開会式では、暑い春の影響で
花の時期がずれていることなどを話しました


寺の生垣になっているベニバナトキワマンサクの若葉が
何故赤いかを説明


参加者の方がオカタツナミの花を見つけてくれ、
スタッフも嬉しくなりました


ツクバネウツギの萼片が羽根突きの羽根に似ていて
名の由来となったことを説明


土手に生えていたギンリョウソウを間近で観察。
雄しべも雌しべも見えました

吾妻峡では、あきらめていたイチリンソウが
1輪だけきれいな姿で残っていて感激



戻る