森林インストラクター青梅会主催
奥多摩・青梅の秘境を歩くB 天地山
2018年4月28日(土)

 天地山は白丸の集落からみると槍のように見えるので奥多摩槍とも呼ばれ、川合玉堂も歌に詠んでいます。今回は「イワウチワ咲く峰」という副題で実施し、8名の方に参加いただきました。白丸駅に集合し、数馬峡橋を渡って対岸の遊歩道を歩きます。新緑の数馬渓谷はすばらしい景観です。道沿いの岩場にはイワタバコの葉がかなりの距離に渡って群生し、びっくりしました。海沢集落付近の沢にトチの木が生えていて、花が間近で見られたので、みな喜んでいました。コンロンソウやタネツケバナの白い花も見られました。集落を抜けてしばらく作業道を歩き、山道に入ります。道は踏み跡程度でかなり急なところもありますが、それほど迷う所はありません。ピークやコルのところで現在地を確認しながら進みます。オオルリがよくさえずり、シジュウカラ、コガラ、メジロ、カケス、アオゲラなどの声も聞かれました。最後はやや道の不明瞭な急登になりますが、無事天地山の頂上に到着、標高は981mです。北側が開けていて、都県境の尾根が望めます。ミツバツツジやアセビの花が咲いていました。ここでお昼を食べて、急峻な岩場を慎重に下ります。ここの岩陰にイワウチワが咲いているはずだったのですが、残念ながら花はすでに終わっていました。下りきってまた登り返し、鋸尾根に出てそのまま大ダワまで下りました。鋸山林道の上部はショートカットの山道があるので、そこを下ります。モミジガサの群生が多く見られました。ここからは長い林道歩きです。ホオノキを参加者が見つけ花も見られました。トチやホウは目立つので人気があるようです。マムシグサの雌雄の見分け方や、サワグルミの雄花、雌花などを見てもらいながら歩きました。イタヤカエデはびっしりとタネをつけていました。途中林道から氷川渓谷沿いの道に入り、奥多摩駅に出て解散となりました。今回は目玉だったイワウチワの花を見る事が出来ず残念でしたが、目にまぶしい新緑の中で、楽しい山歩きをすることができました。

 参加者: 8名
 報告: 小太刀 健





コンロンソウ


一息入れる


天地山頂上


都県境尾根


ミツバツツジとアセビ

ラショウモンカズラ



戻る