森林環境整備財団主催
春の奥高尾・爽やかハイキング!
2018年4月14日

 場所: 高尾山口〜大垂水〜一丁平〜高尾山頂〜薬王院大師堂〜ケーブル上駅

 FIT(森林インストラクター東京会)が協力する森林環境整備財団主催の6回目のハイキングが実施されました。
 高尾山口で開会式を行い財団の挨拶、安全注意、体操を行った後バスにて大垂水に到着。2班に分かれて新緑と爽やかな空気を感じつつ春の草花を観察しながら一丁平を目指して歩きました。1時間ほど歩く間にタチツボスミレ、エイザンスミレ、ツルカノコソウ、クサイチゴ、イカリソウ、ミミガタテンナンショウ、オドリコソウ、シュンラン、キジムシロ、ヒトリシズカ、ヤマルリソウ、ヤマザクラ、ハナイカダ、ミヤマシキミなどを観察しました。
 一丁平で昼食後、春爛漫のなか高尾山頂を目指して快適な山歩き、途中ウワミズザクラを見て驚きの声が上がった。参加者にとってサクラのイメージが違ったことだろうと思う。頂上の後は薬王院大師堂の周辺で弘法大師「空海」と四国八十八大師めぐりについてスタッフから話を聞きました。
 春の爽やかハイキングと文化的ハイキングだったと好評をいただきました。

 次回は八王子城跡を舞台にして北条の歴史と紅葉を楽しむハイキングを実施することになりました。

 参加者: 12名
 FITスタッフ: :瀬川真治・望月政雄(報告)













戻る