パウロの森くらぶ公募イベント(親子で楽しむ環境教育イベント)
北高尾・森の生きものを探そう!
里山は昆虫・チョウチョ、渓流には水生生物がいっぱい
2017年8月6日(日)

当日の天気は、温度が高く30度を超える晴れた1日で、26名(うち子ども11名含む)の参加者でスタッフ10名で行いました。プログラムは、午前がパウロの森で「森の生きもの・樹木」の観察、午後が少し下にある渓流で「水生生物」の観察です。参加者は、8:55のバスに乗車し9:35パウロ学園広場に着くなり、こどもたちはバッタ探しに夢中。ヘルメットを着用し開会式を行い、いよいよ観察会のスタートです。見晴しが丘でチョウチョを追っかけ、昆虫探しに大忙し、朽ち樹木でルリボシカミキリ、オサムシを見つけました。森の広場に着いて小休止し、第2広場のクヌギ・コナラの樹液にいるカブトムシ・コクワガタ・カナブンに大興奮していました。

昼食後渓流へ、水に濡れて良い靴や服装に着替えて水生生物の観察です。川の土手からロープを伝って渓流に降り立ちます。冷たい水にキャキャと歓声を上げ、タモ網などでサワガニ・トビケラ・カゲロウ・カワゲラ・ヤゴ・オタマジャクシ・カジカ・アブラハヤなど沢山捕まえ観察後に放流しました。

最後に、「パウロの森に昆虫や渓流に多くの水生生物がいるのは、森が豊かで水を綺麗にしている」と説明すると頷き、親子が一緒になって笑顔で活動していた風景、帰りに「また参加したい」のコメントに嬉しかったです。 なお、全員が無事故で終了しました。

 幹事: 丸山(代表・報告)、瀧浪、内藤、福田
 アシスト: 瀬川、猪瀬、望月、佐藤


  パウロの森くらぶホームページ




観察何がいるの


小学3年生が昆虫の説明役


水生生物探し


何が採れたかな


河原へ降りるぞ

開会式



戻る